3layer shraf cover

gfc55

VBシリーズにも使用している東レ(株)と共同開発した、防水・透湿に通気性をプラスした3レイヤー生地を使用したシュラフカバー。特筆する点はわずか300gと超軽量のうえ通気性+3レイヤーの相乗効果で従来のシュラフカバーと比べて結露が大幅に改善。
商品詳細
品名:ライトウェイト3レイヤーシュラフカバー
品番:GFC55
価格:¥19,000(税抜)
製品仕様
素 材 20Dナイロンリップストップ+高通気エントラント+
7Dトリコット3レイヤー
カラー オリーブ
サイズ 215×足幅85cm
収納サイズ 縦7cm×横8cm×高さ21cm
重 量 約300g
付属品 収納袋

製品一覧へ

シュラフカバーは泊り山行の万能選手

最近、シュラフカバーの便利さに気が付いていない方が多いような気がします。下記に置いて、シュラフカバーがあると山行が凄く快適になります。
  • 1. テント山行では結露や漏水が付き物です。大事なシュラフを濡らさないためにもシュラフカバーは必携です。
  • 2. シュラフカバーを使用することで保温力が増します。例えば、夏用シュラフ+シュラフカバーで春・秋にも対応できます。
  • 3. 軽量化に役立ちます。例えば盛夏であれば、薄手のダウンセーター+シュラフカバーとか半シュラフ+シュラフカバーで軽量コンパクト化が可能です。
  • 4. 非常装備として必携です。ツエルト1枚でのビバークは本当に辛いものです。でも、ツエルト、折り畳み傘、シュラフカバーの3点セットで思った以上に快適なビバークが可能です。ツエルトを被って、中で折り畳み傘でスペースを確保、ツエルトと体が接触しにくいのとスペースが得られます。
    そしてシュラフカバー、これで体は濡れませんし保温効果も高く、結構快適に過ごせます。
    そういう意味ではツエルト・折り畳み傘・シュラフカバーはビバーク3点セットとして持ち歩くことをおすすめします。
  • いかがですか?シュラフカバーって泊りの山行の万能選手だと思いませんか?

このページトップへ