DUNLOP TENT

3シーズン用ツーリングテント

R227

  • R127
  • R227インナー
軽量化を図りながらも、通気性と居住性を重視しコストパフォーマンスを追求したエントリー層向けの3シーズン用ツーリングテント。
R Series(3シーズン用ツーリングテント)
R127(1人用3シーズンツーリンングテント)
R227(2人用3シーズンツーリンングテント)
R327(3人用3シーズンツーリンングテント)
2人用
テントに関するトラブルについて

2人用3シーズン用ツーリングテント
R227 ¥33,000(税抜)

素 材 フライシート/30Dナイロンリップ(ポリウレタン防水加工)
インナーテント/30Dナイロンリップ(通気撥水加工)
グランドシート/70Dナイロンタフタ(ポリウレタン防水加工)
ポール/DAC-7001S、張り綱/テクノーラ(アラミド)
カラー マスタード
サイズ 間口:210×奥行120×高さ115cm ※サイズ詳細はこちら
収納サイズ 本体/40×20cm、ポール/44×ø8cm
重 量 本体重量/約2.2kg(総重量/2.57kg
※その他は収納袋、ペグ12本/200g、張り綱4本/50g、下札/5gの重さ)
付属品 収納袋、ペグ、張り綱

一覧へ戻る

Vシリーズのコンセプト

  • ●素材の軽量化によりツーリングだけではなく無雪期の登山やキャンプテントとしても使用できます。
  • ●コストパフォーマンスに優れ、エントリーユーザーに最適なテントです。
  • ●ミニマリストのために必要不可欠な仕様で軽量性とコストパフォーマンスに優れてたテントです。

NEW Rシリーズの開発コンセプト

夏の平地でも涼しく使用できる
ツーリングやキャンプで使用する場合、夏の平地での使用も考えなければなりません。Rシリーズは、風通しの良さを重視して2人用と3人用は長辺の両側に入口を設け、非常に通気性が良く、それにともない前室も前後に2つありますので、テント内の居住空間を有効に使うことができます。なお、1人用は入口は1つですが入口の対面に換気用に大きな窓を設けて対応しています。
人力移動が可能な軽量化を考えつつも、居住性を重視
2人用と3人用は天井を点ではなく面にすることにより、テントの立上がりをよくし、データ上のスペック以上に居住空間が広く快適なテント生活が送れます。それでいて、重量は2.5kg以下に抑え、重量と居住性のバランス、それにコストパフォーマンスの3つにおいて非常にバランスの良いテントに仕上げました。
1人用は究極のミニマリスト用テント
1人用は、2人用、3人用とは違い居住性よりも、軽量、コンパクト性を重視し、なおかつ、究極のコストパフォーマンスを実現しました。初めてテントを使用する人でも簡単に設営でき、シンプルでありながらポールはジュラルミンにこだわり、山岳テント並みのパフォーマンスを維持しています。
コストパフォーマンスを重視しつつも手を抜かない山岳テントに匹敵する耐久性と簡便性
Rシリーズテントは、弊社が得意とする山岳テントのノウハウを生かしつつ、平地でも簡単に使用できるように企画しました。そのノウハウとは、誰でもどんな条件でも簡単に設営ができ、テント自体が完全に自立し悪条件下での耐風性にも優れているといったことです。特にポールは山岳テントにも使用されているジュラルミンを使用し、グランドシートもコンクリートの上に設営することを考え、丈夫な70デニールナイロンタフタを使用しています。本体とフライシートは、軽量化を考え、40デニールナイロンリップストップを使用しました。Rシリーズテントの特徴は、上記の通り、仕様や素材に手を抜かずに最大限のコストパフォーマンスを追及したことにあります。

商品詳細

倒立スリーブ
  • 倒立スリーブ
  • テント本体四隅は、スリーブによりポールと接続。剛性を高めながら使用中に破損しにくい構造としました。テント底部立ち上がりがスムーズで地面からの雨の跳ね上がりがテント内に侵入しにくくなりました。倒立スリーブとセンターハブ構造によって、設営時にポールが自立するため、設営が非常に簡単です。
センターハブ
  • センターハブ
  • テントの構造体としての剛性を高めるためにポールの交差部をハフで半固定しました。部品はDAC社の「swivelH9783」を採用。横風によるテントの揺れを低減しています。倒立スリーブとセンターハブ構造によって、設営時にポールが自立するため、設営が非常に簡単です。
出入口構造
  • 出入口構造
  • ●横入り口のメリット
    縦入口、横入口、それぞれメリットがあると思いますが、横入口の場合、前室スペースが広くとれるのと、パネルの角度が急なので雨が吹き込みにくいというメリットがあります。
>吊り下げ式テントのメリット
  • 吊り下げ式テントのメリット
  • スリーブ式のようにポールを通す作業がないので強風時などに、テント本体をペグなどで固定してから設営することができます。また、ポールをセットする時に、ほとんど力が要らずに楽に早くセットできます。さらに、ポールをセットするフックは弊社オリジナルのスクリューフックを採用することで、どちらから風が吹いても想定内の風ならば外れることがなく、想定外の風でフックが破損しそうな時は、破損する前にスクリューフックが自ら回転し破損する前に外れるような構造になっています。
DAC NSL 7001Sポール
  • ポール/DAC7001S採用のこだわり
  • 風などでテンションのかかりやすいテント上部のポールを太くし、比較的影響の少ないテント下部のポールを細くすることにより強度とテント自体の立上がり(上部の居住感アップ)を保ちつつ、従来のポールと比べ軽量化を実現しています。(※R127はこの仕様ではありません)
スクリューフック
  • スクリューフック
  • ポールとインナーテントの固定には、より強い支持力が得られるスクリューフックを採用。強風による大きな揺れでも外れにくく、着脱も簡単です。
ベンチレーション
  • ベンチレーション
  • フライシートは必要に応じて通気量を変えることができます。インナーテントには、開閉型メッシュパネルを装備。開閉型ベンチレーションと併せてご使用ください。
コンパクトな収納サイズ
  • コンパクトな収納サイズ
  • 最新の素材を採用しコンパクトな収納性を実現しました。ザックの中の任意の場所に押し込めるように、寸胴な収納形状にしています。また、挿入口の広い収納袋は、撤収したテントを入れるのも楽です。

このページトップへ