• TOP
  • icon
  • TENT TROUBLE

tent trouble

弊社においてユーザー様よりご指摘を受ける頻度の高いトラブルについて

弊社では、1971年に世界で初めて吊り下げ式のテントを発表して以来、山岳テントを中心に企画・制作し、大変多くのユーザーの方にご利用いただいてまいりました。 その中で多くのご指摘・クレームも頂いてまいりましたが、ユーザー様が比較的陥り易く発生頻度が高いトラブルで少し気をつけていただくだけで防げるトラブルを下記にて説明をさせていただきたいと思います。 下記の件にご留意いただき、弊社のテントを少しでも長く快適にご使用いただければ幸いと思います。

数回の使用でグランドシートに小さな穴があいた。
最近のテントは、軽量・コンパクトが主流で多くのテントが薄手の生地を使用しています。特にグランドシートは最も負担のかかる場所で、本体やフライシートと比べれば丈夫な生地を使用しているのですが、ユーザー様が意外によくやってしまう行為で簡単に穴があいてしまします。それはテント設営後、テントの中に荷物が入っている状態で設営場所を少しだけ移動させたい時に、ついそのままテントを引きずって移動してしまうことです。もちろん何メートルも移動させる場合は、そのようなミスを犯すユーザー様は少ないのですが、ほんの数10cm程度ですとついついやってしまう人は結構多いのではないでしょうか?荷物が入っている状態でのこの数10cmは、グランドシートにとって致命的になりかねないのです。特に鋭利な小石が下にあると、その摩擦とともに意外にあっけなく小さな無数の穴がグランドシートにあくことになります。ということで、わずかな距離でも設営したテントを引きずって移動させることは、絶対避けていただきたいと思います。
数回の使用でグランドシートのコーティングが剥離した。
テントのグランドシートは防水性が必要ですので、ポリエステルやポリウレタンのコーティングを施して防水加工をしています。しかし、これはテントの構造上、避けられない欠点なのですが、グランドシートは外側・内側のどちらにコーティングを施してもコーティング面に負担がかかってしまうのです。どちらか?と問われれば外側より内側の方が負担が少ないので内側にコーティングを施しているのですが、それでもテント内に置かれたザックや鋭利な道具、そしてテント内で動く人などコーティングの剥離の原因となる要因はたくさんあります。よく軽量化のためにテント内にシートを引かないで使用するユーザー様がいらっしゃいますが、ある程度のコーティング面の消耗は納得の上で、このような使用方法をされるのでしたら構わないのですが、極力、消耗せずにテントを長持ちさせたいというユーザー様におかれましては、必ず銀マットなどのインナーシートを引いてコーティング面を保護してご使用されることをお奨めします。グランドシートのコーティングは、テントの避けられないウィークポイントです。普通に使用しているだけで一番消耗する部分だということをご理解いただきたいと思います。
極限状態でもないのにポールが折れた。
テントポールは構造上想定外の力がかかると折れる場合もございますが、弊社にくる修理依頼の多くは、ポールの差込部分が縦に裂けたように割れているポールです。このような割れ方は、ポールの差込が不十分な場合のみに起こる現象で、ポールが正常な状態でセットされていればこのような割れ方はしません。そして、このような場合、ユーザー様のほとんどの人が「大した風でもないのに折れた」という、いわゆるクレーム扱いでテントが持ち込まれます。逆に見事に折れたポールの修理を持ち込むユーザー様の多くは「あの状態ではポールが折れても仕方がない」という納得した気持ちで修理を希望します。この件につきまして、ポールの差込をしっかり確認して設営をしていただく以外に方法はありませんが、夜間などはなかなか確認がしづらい場合もございますので、万が一のために予備ポールを1本携帯することをお奨めします。
フライシートのシームテープおよびコーティングの異常に早い劣化。
09年より弊社のテントは全て引っ掻け式の吊り下げテントになりました。設営が簡単でスリーブ式と違って「強風時には、本体をペグで固定してから設営ができる」というメリットがある吊り下げ式のテントですが、強風下での設営時に必ずやって欲しいことがあります、そして、表題のトラブルは、下記のことをやらない場合に高頻度で発生します。無風状態ではそれほど神経質に考えることはないのですが、風が吹いているときにテントを設営する場合は必ず、張網の裏側にある紐、または、面ファスナーをポールに固定をしていただきたいのです。しっかりと張網を固定することによって、このことで風に対する強度がアップするだけではなく、フライシート本体が、風の影響でお互いに擦れ合い、さらに、吊り下げ式のスクリューフックがシームテープやフライシートのコーティング面を刺激し、剥離の原因になるのを防ぎます。このデメリットは、スリーブ式のテントよりも顕著に現れますので、場合によっては非常に短期間でフライシートのシームテープやコーティングの剥離という状況が発生することになります。また、さらに想定外の強風が吹いた場合、上記を実践すればポールの破損もかなり防げるのですが、固定をしないとポールに強い負担がかかり破損する可能性があります。その場合破損したポールはフライシートを突き破り被害を大きくします。張網の裏の紐、または、面ファスナーの固定と張網の固定をするだけでこのようなトラブルはかなりの頻度で避けられます。テントの剛性をアップし快適なテント生活を望み、さらにテントの寿命を延ばすために、ぜひ、張網の裏の紐、または、面ファスナーをポールに固定すること、張網をしっかり固定することを実践していただきたいと思います。
フライシートとグランドシートのコーティングやシームテープが同時に発生する異常な早期劣化。
このケースは、実はクレームとしてかなりの頻度で報告されているのですが「使用回数も少なく乱暴に扱っておらず、購入して時間もそれほど経過していないのに、気がついてみるとテントが表題のような状態になっている」ということは、ユーザー様にとってもテントは高額品ですので、落胆と理不尽を感じると思います。このような場合、生地自体が不良品の場合はその生産ロット全てにこうした不良品が発生しますが、多くの場合は、下記の理由でこうした理不尽なトラブルは発生します。それは、ほとんど高温多湿の条件で発生した加水分解が原因で起こります。テントは雨天の場合はもちろん、晴天の場合も結露などの原因で、使用後は、ほとんどの場合濡れています。それをそのまま収納袋に入れて、さらに通気性の全くないビニール袋などに入れた状態で数日〜数週間放置してしまう。さらに、時期が高温多湿の時期ならなおさらですが、こういう条件が重なりますと購入の新しい、古いにかかわらず上記のような状況が発生します。さらに、最悪な場合、フライシートにカビが発生してしまいますと防水性は全くなくなり洗っても二度と復元はしません。これらの理不尽な状況からテントを守る方法はただひとつ、使用後は必ず収納袋から出して完全に乾かす。これに尽きます。そしてできれば、高温多湿でない環境で保管していただければテントの寿命は格段に延びます。折角購入していただいたテントを少しでも長く快適に使用していただくためにも、ぜひこの点だけは実行していただきたいと思います。 特にシングルウォールのテント(弊社では企画していませんが)は、本体自体が防水性を持っているテントですので、防水性を低下させないためにも、特に注意が必要です。
まだ新しいのに水が漏る。
まず、テント自体に問題がある場合、多くは5で記した原因で、フライシートにカビが付着したりシームテープやコーティングが剥がれていたりする場合です。特に、カビがフライシートなどの防水生地に付着してしまうと修理方法はなく、全くのお手上げ状態になってしまいます。(カビに限ったことではなく、防水生地は泥や脂、洗剤などが付着すると防水性が全くなくなります。ただ、洗い流せる成分でしたら洗い流せば復元するのですが、カビに関しては、洗い流すことが不可能ですので、付着した段階で手の施しようがなくなるのです)そしてもう一つの原因は、フィールドでのその時の環境です。テントは構造上、完全防水ではありません。弊社のテントですと、テント内での酸欠を防ぐためにフライシートの広い面の対角線上に2つのベンチレーションを設置しています。たまたま、風雨時びフィールドでの風向きとベンチレーションの向きが一致してしまうと、ベンチレーションから雨が吹き込みテント内にも水が入ってしまいます。また、ファスナー部分やシームテープがかけられない、張網取り付けフックの裏側もウィークポイントです。以上のような場合、テントの防水は万能でないことをご理解いただきたいと思います。

※テントの防水に関しては、弊社でも高い防水性を得るにはどうしたら良いか?常に考えています。しかし、それよりも優先されることは安全性だと思います。例えば、前途のベンチレーションですがなくしてしまえば、防水性は風雨の向きにかかわらず、かなり向上すると思います。ベンチレーションを取ったからといって、すぐに酸欠になってしまうわけではありません。ほとんどの条件では、たいして問題ばく使用できると思います。しかし、現実には過去、大勢の方がテント内で酸欠で亡くなっている、という事実があります。ベンチレーションと風雨の向きが偶然合うのと同じで、偶然、酸欠になる条件が重なった時に事故はおきます。その重大な事故になる可能性を大きく減らすために、弊社ではたまに風雨と向きが一致してテントが浸入することよりも、その条件が重なって酸欠にならない方を選びました。

このページトップへ